明石屋株式会社明石屋株式会社

Company profile

#

会社概要

明石屋は、社員とその家族、お客様と取引先様、地域の人々、
地域産業にとって必要とされる存在であり続けたいと考えています。
その為にも、前述した弊社と関わりある全ての人々の為に、
弊社には永遠に成長発展してゆく義務があります。これこそ我々の志です。

社是
挑戦 向上
努力 善行
会社名
明石屋株式会社
代表者
代表取締役 明石雅之
所在地
本社(島根県松江市宍道町佐々布303番地7)
山口営業所(山口市大内御堀3丁目2―2)
下関営業所(山口県下関市綾羅木南町2-17-19)
境港倉庫(鳥取県境港市昭和町12-22)
江津倉庫(島根県江津市松川町下河戸180)
豊岡倉庫(兵庫県豊岡市上佐野字池畑1680-5)
山口倉庫(山口県山口市朝田字流通センター601番地23)
創業
明治43年11月7日
経営理念
お客様と地域に必要とされる企業を目指します。

全社員の物心両面の幸せを追求します。

我社を取り巻くあらゆる人々の為に我社は永遠に成長発展します。
設立
昭和26年4月13日
資本金
50,000千円
社員数
35名(役員2名 従業員32名)
平均年齢/全体36.0歳(男性35.0歳 女性38.3歳)
取引銀行
山陰合同銀行(株)宍道支店
しまね信用金庫宍道支店
鳥取銀行(株)松江支店
主要販売先
醤油味噌醸造業・蒲鉾水産練製品製造業・麺類製造業・漬物製造業・佃煮製造業・菓子製造業・パン製造業・冷凍食品製造業・蓄肉製品製造業・乳製品製造業・鮮魚卸売業・水産物加工業・豆腐製造業・外食産業・弁当製造小売業・事業所給食業・小売店・米殻卸・生産者
主要仕入先
伊藤忠食品(株)・MCフードスペシャリティーズ(株)・㈱エムトレーディング・大倉工業㈱・加藤製油(株)・かどや製油(株)・クリロン化成㈱・三栄源エフ・エフ・アイ(株)・JAしまね・㈱J-オイルミルズ・正栄食品工業(株)・㈱タイショーテクノス・ダイヤソルト(株)・宝酒造(株)・高砂香料工業(株)・凸版印刷(株)・鳴門塩業(株)・㈱南郷包装・日東富士製粉(株)・日本澱粉工業㈱・広島段ボール(株)・福助工業(株)・ホリアキ(株)・物産フードサイエンス(株)・三井製糖(株)・三菱商事(株)・理研農産化工(株)・和田製糖(株)・生産者

沿革


明治43年11月
宍道町宍道1459-1にて食料品・乾物・荒物・養蚕製品の小売を営む明石屋商店を明石富之助が創業
昭和1年
宍道町宍道1399に移転
昭和15年
第二次世界大戦の進展に伴う企業統制の為休業
昭和21年7月
明石吉之助がサッカリン・海産物・食料品雑貨・青果の小売を復活開業
昭和26年4月1日
有限会社明石屋商店に組織変更。資本金30万円。代表取締役に明石吉之助が就任。砂糖・水飴・小麦粉などの食品原料の卸売業に業態変更
昭和28年11月25日
資本金50万円に増資。宍道町宍道939-3に移転
昭和29年4月12日
明石屋株式会社に組織変更。代表取締役に明石吉之助が就任
昭和33年9月26日
資本金120万円に増資
昭和39年3月2日
資本金200万円に増資
昭和42年9月3日
本社を宍道町昭和94に移転
昭和48年7月20日
資本金500万円に増資
昭和49年6月20日
資本金800万円に増資
昭和50年5月21日
資本金1,000万円に増資
昭和51年12月24日
不動産事業に参入
平成2年5月28日
代表取締役に明石勝之が就任
平成9年3月14日
代表取締役明石勝之が死亡
平成9年4月7日
現代表の明石雅之が入社
平成9年6月17日
資本金1,500万円に増資
平成10年6月13日
資本金2,000万円に増資
平成16年2月17日
資本金3,000万円に増資
平成16年5月25日
代表取締役に明石雅之が就任
平成17年2月10日
資本金4,000万円に増資
平成18年2月14日
資本金5,000万円に増資
平成19年4月
不動産事業から撤退
平成20年1月18日
境港倉庫開設
平成21年7月1日
江津倉庫開設
平成23年8月10日
豊岡倉庫開設
平成24年11月26日
機械メンテナンス課設置
平成27年1月5日
山口営業所開設
平成28年7月19日
本社新築移転・精米工場新設

事業実績/販売区域


売上げ推移

売上げ推移

第一営業部(島根県・鳥取県・山口県・岡山県北部・兵庫県北部)
第二営業部(精米と農業資材は島根県・鳥取県。玄米は西日本全域)

販売区域

各部署紹介


#

食品原料資材課

食品工場様で必要とされる6,000アイテムを超える食品原料・包装資材・消耗品・衛生用品などを、兵庫県北部・岡山県北部・鳥取県全域・島根県全域・山口県北部の約800社の食品工場様にワンストップで販売しています。

山陰地区で特徴ある食品を作っておられるお客様の様々なご要望やご相談にお応えする為に、約400社の仕入先メーカー様や輸入商社様と強固な関係を構築し、協業してお客様にコストダウン、新商品開発、品質改善に貢献できる提案営業を行っています。

商品特性・原料事情・原料相場・業界などに関して幅広く深い知識が必要となりますので、定期的に仕入先様に勉強会を開催いただいたり、知識と経験がある先輩社員による社内勉強会を行っています。またIT環境や情報共有システムを整備し、専門商社としての機能をもって「明石屋に聞けば何とかなる」とお客様から頼っていただける部門を目指しています。

#

営農米穀課

玄米の販売では、玄米の集荷基地を山陰の各地に設け、28年産の玄米で1,890t、ふるい下米穀で290tを生産者様から直接集荷し、沖縄から名古屋までの西日本の地域の有力米穀卸様に通年販売をしています。

小売用精米の販売では、「どこで誰が作ったどんなお米」かが分かる特定生産者の商品を企画し、安心できる商品を消費者様にお届することで、小売店様と共に生産者様と消費者様の橋渡しを担っています。

業務用精米の販売では、山陰地区の外食業者様・事業所給食様・惣菜弁当メーカー様に、地場産の「コシヒカリ」と「きぬむすめ」を中心に多種多用な商品を販売しています。玄米の直接集荷と最新鋭の精米工場と自社トラック便で網羅される密度の高い物流網で、お客様に貢献しています。

農業資材の販売では、玄米で仕入実績のある山陰地区の生産者様に対し、育苗土・農薬・肥料を中心に農業資材の販売を行っています。玄米や特定米穀の高値買取と農業資材の安値販売で、生産者様の所得向上に貢献できる部門を目指しています。

#

営業推進課

商品の受注・発注・伝票発行・在庫管理・棚卸・請求の業務を行っています。受注は電話・FAX・メール・ネットで行い、発注の大半はFAXで行います。

全てが弊社オリジナルの基幹システムでの作業となります。

お客様からいただくご注文を間違いなくスピーディーにお届けする事が課の使命で、その為に営業マン・自社ドライバー・仕入先様と共に協力して日々仕事に取組み、日々の改善活動や、新たなITシステムの検討と導入などを行い業務の効率化を進め、お客様から選ばれる物流機能を目指しています。

#

物流管理課

2016年7月の本社新築移転で、300坪の常温倉庫、60坪の定温倉庫、120坪の荷さばき下屋を新設しました。常温倉庫は、1フェイス1.5tまで対応の4段ラックを倉庫全面に設置し効率良く商品を保管しています。定温倉庫は5月から9月まで15℃以下で保管できる設備を導入し、玄米・大豆・小豆・蕎麦など温度管理が必要な穀物を保管しています。

本社以外の倉庫拠点としては、境港市昭和町に400坪の倉庫を賃借し、近隣の鮮魚卸様に発泡スチロールや段ボールなどを、ご注文から最短10分で納品できる体制にしています。また境港市は食品工場のお客様も多く、食品原料から包装資材までを効率良く安定して納品できる体制にしています。

配送網は、松江市宍道町の本社から東は鳥取市、西は浜田市、南は飯南町までを網羅し、社内のシステムの整備で、2時間圏内は1日1便、1時間圏内は午前と午後の1日2便の配送網を構築します。

外部に委託せず、自社トラック、自社ドライバー、自社ピッカーでの運営にこだわり、きめ細やかな対応、誠実な対応、間違いの無い配達で、お客様から信頼される部門を目指しています。

#

機械メンテナンス課

鳥取市から浜田市までの松江市宍道町の本社から片道2時間程度の食品工場様のお客様に対し、食品を製造する為に必要となる多種多様な械設備や器具、またはボイラーなどの販売および設置とメンテナンスサービスを行っています。

以前は豆富店様を中心に展開しておりましたが、知識と経験の応用で、対応できる業態や機械も増え、現在ではあらゆる食品工場様に対応できるようになりました。

業種的にも地理的にも山陰地区全域の食品工場様に対応できる唯一のメンテナンス会社として、緊急トラブル時にも対応できる365日24時間のメンテナンス体制をかかげ、地域の食品工場様に貢献できる部門を目指しています。

#

精米工場

2016年7月の本社新築移転に伴い新設した設備で、同年8月より本格稼働しています。設備を新設するまでは、近隣の米穀卸様に協力を仰ぎ精米を委託し、それを仕入販売しておりましたが、品質管理の徹底、コンプライアンスの徹底、米穀に関わる様々な法律に完璧に対応する為、また消費者様や小売店様や業務用精米の様々なお客様のご要望にお応えする為に、自社工場を立ち上げました。

設備は25馬力の精米設備1台と48チャンネルの色彩選別機1台というまだ生産能力の低い設備ですが、精米の販売を強化拡販し、近年中に設備を増強する予定です。最新の設備を導入する事で、品質面と衛生面の向上を図り、お客様に安心信頼いただける工場を目指します。

#

管理部

管理部には、経理課と総務課があります。経理課は支払作業・仕入単価確認・経費仕訳・経費分析・資金繰りなどの業務を主に行っています。専門的な知識と経験や事務作業のスピードと正確性が求められ、特に取引先様への支払作業では、支払金額と支払期日を間違えることのないよう、細心の注意を払い作業をしています。

総務課は、勤怠管理・給与計算・採用窓口・人事考課制度管理・社内環境整備・IT環境管理・総合窓口などの業務を行っています。勤怠管理・給与計算・人事考課制度管理はミスの許されない業務で、作業の正確性が求められます。また会社の採用窓口・総合窓口として社内外の方々とのコミュニケーションを円滑に進めることができる対人対応能力や、IT環境管理・社内ITインフラの調整では、IT機器やソフトの幅広い知識も必要です。

営業部と物流部を支える事で、お客様と地域への貢献や、社員満足の向上を追求しています。

アクセス